> 以前の記事
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
月間伴化成はこちらからhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~bankasei/index.html




好きな言葉
 「できるかできないかではない。やるかやらないかだ!」

 この言葉が好きだ。

 何かを成し遂げようと思うとき、人はまず「できるかできないか」を考えがちになると思う。
 そうやって挑戦する前に、自分にできるかできないか答えをだしてしまいやすい。

 でも、本当にやろうと思うことなら、できるかできないかは、そんなに問題するべきではないと、ここ数年で強くそう思うようになった。
 今の自分にできるかできないかを考えてもしょうがないと・・・

 やると決めたら、全身全霊全ての力を傾けて、なにがなんでもやりぬく気持ちを持たなければ何事も成就しない。

 「弱気は最大の敵」で、自分との戦いになる。
[PR]
# by bankasei | 2018-04-15 19:14 | ビジネス
感謝
 企業では社員は家族。

 しかし、馴れ合いはダメだ。

 それぞれ自分自身、キャリアアップしなければいけない。

 それは、一応なんでもこなせるゼネラリストでもよい。

 また、専門性を高めるスペシャリストでもよい。

 つまり、個々にどこでも通用する人材でなければいけない。

[PR]
# by bankasei | 2018-02-26 08:03
仕事のプロセスを楽しみたい
仕事は結果だけを求めるだけではつまらない。

 プロセスの楽しさも味わいたいと思う。
 仲間と激論をする。

 励ましあう。
 辛さに打ち勝つ。

 ない知恵もある知恵も搾り出したい。

 すべてはゴールすることで癒される。

 プロセスも結果も含めてゴールといえるのだろう。

[PR]
# by bankasei | 2018-02-16 07:56
営業の奥の深さ
 よく、営業の秘訣に話になる。

 そこで、いつも思うのが同じ商品を売っていても

 売れる人と売れない人がいる。

 それが、クリエイティブの差だと。

[PR]
# by bankasei | 2018-01-30 07:52
行政への声
どこの街でも行政にモノを申す方法がいくつかあるが、担当窓口と話をしていても埒が明かないときは、トップに直接声を伝える方が話が早い。

 ここが問題なのだが、役所は公平性を重んじ、前例主義であるため、組織はトップからの指示がないとなかなか臨機応変な対応ができない。

 だが、行政のリーダーは住民から直接選ばれるため、住民の声には敏感だから。

 私の経験上、行政で一番住民から遠く、今の時代になっても「お上」のようなぶっきらぼうな対応をするのが、国の出先機関。

 たとえば、自分の車を個人で車検に通した人は経験があるだろうが、陸運局の窓口で手馴れた車検ディーラーと一緒に並んでいると、不慣れな個人車検のユーザーが書類に不備が少しでもあったら大変ひどい仕打ちに遭う事が多い。

 かなりのバッシングにあった社会保険庁も同じようなものだったかもしれない。

 行政にモノを言う人は全体から見れば実はそう多くはない。

 だからこそ、1人の声は非常に大きいもの。

[PR]
# by bankasei | 2018-01-15 08:40
   

プラスチック成形に対する情熱をお伝えします。
by bankasei
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧

Never give up!伴化成工業所 official Blog