> 以前の記事
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
月間伴化成はこちらからhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~bankasei/index.html




<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
営業の奥の深さ
 よく、営業の秘訣に話になる。

 そこで、いつも思うのが同じ商品を売っていても

 売れる人と売れない人がいる。

 それが、クリエイティブの差だと。

[PR]
by bankasei | 2018-01-30 07:52
行政への声
どこの街でも行政にモノを申す方法がいくつかあるが、担当窓口と話をしていても埒が明かないときは、トップに直接声を伝える方が話が早い。

 ここが問題なのだが、役所は公平性を重んじ、前例主義であるため、組織はトップからの指示がないとなかなか臨機応変な対応ができない。

 だが、行政のリーダーは住民から直接選ばれるため、住民の声には敏感だから。

 私の経験上、行政で一番住民から遠く、今の時代になっても「お上」のようなぶっきらぼうな対応をするのが、国の出先機関。

 たとえば、自分の車を個人で車検に通した人は経験があるだろうが、陸運局の窓口で手馴れた車検ディーラーと一緒に並んでいると、不慣れな個人車検のユーザーが書類に不備が少しでもあったら大変ひどい仕打ちに遭う事が多い。

 かなりのバッシングにあった社会保険庁も同じようなものだったかもしれない。

 行政にモノを言う人は全体から見れば実はそう多くはない。

 だからこそ、1人の声は非常に大きいもの。

[PR]
by bankasei | 2018-01-15 08:40
友人
 しかしながら、持つべき友には感謝です。
 
 実に多くのことを学ばせてもらいます。

 学生自分はそのようなことを言わなかった友人も、様々な業界に関る同世代からの目線を感受できることは嬉しいかぎりです。

[PR]
by bankasei | 2018-01-12 08:26
聖徳太子
 我が斑鳩町とは、関係が深い聖徳太子がおっしゃった言葉「和を以って尊しと成す」の話は、以前にも書きましたが、今もっとも必要なのは、調和・融和・協和だと思う。

 これら、「和の美」というのは、本来、日本のお家芸のハズ。

 昔から日本人は、古くから自らの心やかたちを「和」という一文字にこめてきたのではないだろうか。

 広辞苑で「和」を引くと、過不足なく、よろしきにかなうこと。おだやかなこと。のどかなこと。仲良くすること。等とあった。

 私は、「和」という言葉が好きだ。
[PR]
by bankasei | 2018-01-09 18:27
製造業
 先日、お得意様の社長と話をする機会があった。

 そこでの話しでは、これからの日本を考えると製造業は今、厳しい環境におかれているが、製造業が日本からなくなることはありえないということを話されていた。

 私も、この意見に同感である。
[PR]
by bankasei | 2018-01-05 14:43
   

プラスチック成形に対する情熱をお伝えします。
by bankasei
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧

Never give up!伴化成工業所 official Blog