> 以前の記事
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
月間伴化成はこちらからhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~bankasei/index.html




<   2012年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧
物の整理整頓が気持ちの整理整頓になる

  整理整頓したり、掃除するのは、気持ちの切り替えに役立つ。

 どうも、仕事に集中できない、考えがまとまらない、というときに、デスクを片付けたり、いらないデーターを捨てたり、ファイルを整理したりの作業をすると、妙に頭がすっきりする。




 もちろん、忘れていたデーターで必要なものが出てきたり、あれこれひっくり返したためにアイデアが生まれたり、という現実的な効用もあるだろう。




 なにしろ、気分すっきりさわやかになれる。

 

 掃除なんて女性がするものだと考えている男性は、その考えを改めてほしい。

 掃除のできる男は、仕事もできるようになること間違いなしだ


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-31 08:18 | 製造業
規制と保護が競争を阻害する

 行政による必要以上の規制や保護はマイナスになる。

 いままでは、規制や保護もそれなりの意味があったと思う。

 経済が脆弱なころには、国内産業の国際競争力を高めたり、一定の品質やサービスを保つために、特定の産業や事業に対して規制や補助金を通じた政府の指導が必要であったからだ。

 

 しかし、現在のようにボーダレス化した経済社会においては、規制や保護は企業の独創性を阻害するばかりでなく、市場における自由な競争と発展を抑制する。

 つまり、自由な競争にさらされていないことが、日本企業・産業の競争力を弱めていると同時に消費者もそうした競争によって供給される優れた商品やサービスを享受できなくなっているのである。


 なぜ、不要になった規制や保護が存在するかといえば、権威や権限はもちろん、それによって獲得した有形無形の利益、すなわち既得権益を官僚たちが守ろうとしているからである。

 また、規制や保護によって利益を得てきた事業者や従業員も、それらを廃止することには抵抗があるはずだ。

 そして、そうした人たちを支持者にもつ政治家も自分の政治基盤を維持することが優先となり、規制緩和や保護廃止を断行できるように思われない。


 これからは、日本株式会社という、いわば国そのものを民営化しなければならないと思う。

 そうすれば、官僚制による弊害なくなり、自由と健全な競争が実現できるはずだ。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-30 08:50 | 製造業
不況になると守りに入る、守りに入ると不況になる。

 悩んでいる人間には、先が見えない。

 先が見えないから悩む。

 そこで、守りに入る。

 ところが、守りに入ると、ますます発展がなくなってくるものだ。




 リスクを避けるなら、チャンスもない。

 リスクなしでチャンスがほしいという願いではダメだ。

 リスクがいやなら、チャンスが来ないことにも甘んじたほうがいい。

 本当にチャンスをつかみたいなら、リスクを背負う勇気を持とう。




 いつまでもこの厳しい状況が続くような気がして必要以上に暗くなるのは、もうやめよう。

 苦しい状況は、いつか必ず終わる。

 いつか状況は変化する。

 それを、信じる気持ちが大切だ。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-28 08:55 | 製造業
自分と向き合う時間が大切

 昨晩の男子サッカーの勝利良かったですね。
 勝負に勝つ時の流れを感じながらテレビで応援していました。

 今日は自分と向き合う時間をつくるのは・・・。のテーマで書いてみます。

 私の友人で会社を経営している人が身体のトレーニングを欠かさず、している者がいます。

 彼が言うには、「自分がトレーニングをするのは、自分自身の輪郭をしっかり保つためだ」と言っていました。

 彼は仕事で成功し、若くして大金を手にした一人です。

 彼は、自由に使えるお金を手にして、最初のうちは車を買ったり、高いお酒を飲み歩いたりしたのだが、やがてそんなことをしても何の意味もないことに気づいたそうです。

 そんなときに、トレーニングをしようと思い立ったのだと。

 きっかけは健康にいいからぐらいの軽い気持ちだったが、次第に、厳しい課題を自分に課すことで、気分が整ってくるのを感じるようになったようです。

 また、彼は「トレーニングによって自分の正しい輪郭さえ常に確認していれば、仕事上、誤った方向に行きそうなときも、すぐに察知して修正できる」とも言っていました。


 たぶん、トレーニングとは地位も肩書きも抜きにした、素のままの自分を客観的に認識し、それを磨き上げる作業だからいいんだろう。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-27 07:54 | 製造業
なぜ、年とともに差がつくのか

 私は51歳なのだが、この年になると仕事のいろんな点で差がついてくる。
 その原因は何だろうか、とときどき考えることがある。

 普通に考えれば、社会人スタート時の能力がほとんど同じだとすると、努力になる。
 多分、細かいこだわりの積み重ねが大きな差になっているのではないだろうか。

 年当り成長率1%の人と、5%の人がいるとして、20年過ごした後の能力は、それぞれ1.2倍、2.6倍になる。
 毎年4%余分に成長すると、20年で倍以上の開きが出てしまうということだ。

 しかし、個人の努力以外の部分が、実はもっと大きいのではと思う。

 それは、成長産業にいたかどうかではないかということだ。

 よくいえば、先見の明がある。
 もしくは、運だと思う。




034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-26 10:03 | 製造業
まじめに努力が大切


 報われない努力はないと思う。

 報われるまでやればいいだけだ。

 できる日が、いっかスーッとやってくるはずだ。

 いつも、自分にそう言い聞かせている。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-25 07:55 | ブログ
まずは己を知ること

  交渉は、非常に日常的な行為です。

 自分がどのように人と接しているのか。何かの意図を伝えようとしている時、どんな表情になって、どんな声を出しているのか。

 いろんなことを客観的に見て理解しておくのが大切だということです。

 なぜなら、それがそのまま相手に与える第一印象になるからです。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-24 08:47 | 製造業
人と人の絆

 年齢、性別を超えて気のおけない仲間がいることが、その人の価値だと思った方がいい。

 結局は素直で謙虚な人ほど、いつの間にかまわりに人が集まっている。

 短い時間ならまだしも、長い時間の付き合いとなると、そういう人じゃないと難しい。




034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-23 09:12 | 製造業
家電リサイクルの矛盾

  家電製品の約半分はリサイクルに、後の約半分はリサイクルせずに中古市場に出回っています。


 リサイクルにまわった物からは資源を回収するのですが、今の日本では、ほとんど家電製品を作っていないため、大半が捨てられている現状です。


 これをはたしてリサイクルというのでしょうか。


 このままでは、消費者は4000円を業者に払うことに意味があるとは思われません。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-20 08:49 | 製造業
格差社会について

 国税庁による平成23年度の調査データを見ると、この10年で平均年収は約20万円下がっているし、ここ5年で、年収300万円以下の人数も約140万人増加、1000万円以上の取得者は22万人ほど減少しています。

 だが、驚くべきことに、年収2000万円以上の超高所得者は、この5年間、毎年増加傾向にあり、まさに、二極分化が進んでいると言わざるを得ない状況になっています。

 こうなると、独自のキャリア・デザインを怠ってしまい、漫然と日々を過ごしている人たちは、安閑としていられなくなります。




 このことは、悪いことばかりが起こるように思ってしまいがちですが、考え方を変えれば、むしろ、キャリアを正当に評価し、高い業績をあげた人には、それに見合う給与を支払うのが当たり前の時代になるということになります。頑張った人が報われるという意味だけ捉えれば、今までと、どちらが良いのか難しい問題です。




 これからの、日本は、今以上にさらに能力主義の世界に移行していくと思われます。そして、、優秀な人材ほど転職を重ねていくことが予想されます。

 そんな時代だからこそ、真剣に自分のキャリアを考えなければならないということになるのではないのでしょうか


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-07-19 08:28 | 製造業
   

Never give up!伴化成工業所 official Blog