> 以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
月間伴化成はこちらからhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~bankasei/index.html




<   2012年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧
心のアンテナを刺激したい

 誰にも経験があるのではないだろうか。

 旅先で、その土地の人に声をかけてもらったとき、道がわからなくなって聞いたら親切に案内してくれたとき、初めて会って、たぶんもう二度と会わないだろう人と一瞬だけ言葉をかわせたことで、温かさを感じることがあるはずだ。




 ちょっと言葉をかけてみる。

 向こうも嬉しそうに言葉を返してくれる。




 たまたまそこで出会った人と、その時間だけ同じ気持ちを共有して言葉をかわせることが嬉しい。

 


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-29 08:50 | ブログ
ビジネスとは・・・

  東京の青山に「291」という施設があるが、それが「フ・ク・イ」であるとはあまり知られていない。

 いわゆる県の情報発信の場であるが、何も伝わってこない。

 思うに、東京はカッコよくしないといけないんじゃないかと勝手な想像をしてしまい、カッコつけようとするから余計カッコ悪くなる。

 自分ならずばり「越前屋」でいいんじゃないかと思う。

 そして、近代的な建物にせずに田舎を代表するような建物の中で、地元の物産をうまそうに売るだろう。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-28 08:39 | ブログ
ちょっとした言葉が大切

 たとえば、混んでいる電車の中やエレベーターなどから降りるときに、「すみません」「失礼します」と声をかけられない人が多くおられます。

 また、職場で挨拶ができない人が増えています。自分のオフィスの入り口で「はようござっす」と小声でつぶやく若手社員、お客様が「失礼致します」と声をかけているのに、チラリとは見ても無視してしまう社員、など、見ていてもハラハラするときがあります。




 つまり、「ありがとうございます」や「失礼しました」といった、さりげない言葉が言えない人が多いというのが現状です。




 この、さりげないことばが大切なのです。なぜなら、関わる相手を意識しているかということになるからです。

 そんなことは、ちょっとしたことじゃないかと思う方がおられるかもしれませんが、ちょっとした場面で挨拶・感謝・謝罪の言葉を言えない人が、重要な場面でいえるはずがないのです。




 人として信頼されるかは、これで決まるといっても過言ではないはずです。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-27 08:26 | ブログ
能力を磨いて自分の足場を作って欲しい

 よく、若い人たちに話すことがある。
 自分の足場を作って欲しいということだ。
 

 自分の足場を作るということは、まず何か特技をもたなければならない。

 自分に得意なことを発見し、それを育てることだ。何でもいい。


 自分の能力を大切にしてほしい。

 そして、次から次へと発展させてほしい。


 就職問題を抱えておられる方も、誰が見ていようといまいと、自分なりの特性をいかして、しっかりと足場を作ることに専念することで、道が開けるのではないだろうか

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-26 09:13 | ブログ
人が生きる意味

 昨日、事故により車椅子の生活になった、若者とゆっくり話しをすることができた。

 

 事故に遭うまで、健常者の時には見えなかった風景。

 車椅子の高さからのいろいろな見たこと、思ったこと。

 一度は、自殺も考えたこと。

 親や友人がどれだけ支えになったこと。

 これから、本当の福祉の実現を自分がやりたいこと。




 彼は、自分が今、生きていることの意味がわかっていた。

 苦しみを乗り越えた彼は、健康だったころの彼とは何倍も強くなっていた。




 別れ際には、男同士の固い握手ができた。

 



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-25 09:42 | ブログ
不況になると守りに入る、守りに入るとますます不況になる

  悩んでいる人間には、先が見えない。

  先が見えないから悩む。

  そこで、守りに入る。

  ところが、守りに入ると、ますます発展がなくなってくるものだ。




  リスクを避けるなら、チャンスもない。

  リスクなしでチャンスがほしいという願いではダメだ。

  リスクがいやなら、チャンスが来ないことにも甘んじたほうがいい。

  本当にチャンスをつかみたいなら、リスクを背負う勇気を持とう。




  いつまでもこの厳しい状況が続くような気がして必要以上に暗くなるのは、もうやめよう。

  苦しい状況は、いつか必ず終わる。

  いつか状況は変化する。

  それを、信じる気持ちが大切だ。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-23 06:39 | 製造業
町工場はこれからも生き続ける


 

 今日の朝刊に町工場の記事が載ってました。

 今の日本経済の株安・円高による金融危機の煽りを受けた、日本の町工場の現状の話でした。

 どの記事も良い話は一つもなく、悲観的なことばかり書かれています。

 しかし、いままでもこのような厳しい時期を日本の産業は工夫と、知恵で乗り越えてきました。

 まだまだ、日本の産業は底力があります。特に、ものづくりには、長けたものがありますので、もう一度原点に戻り、勤勉に働く姿勢があれば、この経済危機も乗り切れると私は確信しています。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-22 07:34 | 製造業
納期の無い夢は絵に描いた餅より価値がない

  自分の目標を持つことの大切なのは分かっているが、その時に忘れてはいけないのが「納期」である。


 この納期はいつかというのではなく、いつまでにを設定することが、目標を現実化する第一歩になる。

 一週間後なのか、一ヶ月後なのか、一年後なのか、三年後なのか、が大切だと思う。


 では、どうしたらいいかというと、まず、やるべきこと、やらなくてはならないことを箇条書きにして、いつまでにやらなくてはならないかの納期をかきくわえるようにしている。

 いわゆる「Thingus to do」リストをつくり、それを優先順位の高い順にこなしていけば、一日一日を充実させて生活ができる。これが旨く機能していないと、目の前のことに振り回されて、結局大事なことを後回しにしたり、抜け落ちて失敗したりしやすくなってしまうからだ。


 結局やるべきことをやれるかやれないかは、日々をどういう意識で過ごすかということにほかならない。

 その一日の課題を整理し、その目標にまずは全力で取り組むしかないと思う。


 そして、それをクリアしてこそ、夢が実現する。




034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-21 09:31 | 製造業
年収1000万と300万に分かれる格差社会

 国税庁による平成21年度の調査データを見ると、この10年で平均年収は約20万円下がっているし、ここ5年で、年収300万円以下の人数も約140万人増加、1000万円以上の取得者は22万人ほど減少しています。

 だが、驚くべきことに、年収2000万円以上の超高所得者は、この5年間、毎年増加傾向にあり、まさに、二極分化が進んでいると言わざるを得ない状況になっています。

 こうなると、独自のキャリア・デザインを怠ってしまい、漫然と日々を過ごしている人たちは、安閑としていられなくなります。




 このことは、悪いことばかりが起こるように思ってしまいがちですが、考え方を変えれば、むしろ、キャリアを正当に評価し、高い業績をあげた人には、それに見合う給与を支払うのが当たり前の時代になるということになります。頑張った人が報われるという意味だけ捉えれば、今までと、どちらが良いのか難しい問題です。




 これからの、日本は、今以上にさらに能力主義の世界に移行していくと思われます。そして、、優秀な人材ほど転職を重ねていくことが予想されます。

 そんな時代だからこそ、真剣に自分のキャリアを考えなければならないということになるのではないのでしょうか


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-20 07:45 | 製造業
不確定な未来だから

 「自分のことが分からない」と相談される方がおられます。

 これは、決して悲しむことではありません。




 「自分探しの、旅に出よう」というキャッチコピーが、何年か前に旅行会社のCMで使われたことがありました。

 これに惹かれて旅行に参加した人の気持ちはたぶん「私には、今以上の何かがあるはず」と思って申し込まれたのだと、思います。

 もしこの旅行の結果、自分のすべてが完全に判明したらどうですか・・・?

 おそらくほとんどの人は、そのあとの人生がつまらなくなってしまうはずです。




 思うに、占いもこれと同じで、当たることもあれば、外れることもあります。

 でも、それがいいのです。

 当たることも外れることもある。

 そして内容はあいまいなことが多い。




 これによって、人は自分の都合のいいように解釈でき、自分の未来に「いいことが起こるかも・・・」という希望をもつことができるのです。




034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-06-19 08:35 | ブログ
   

プラスチック成形に対する情熱をお伝えします。
by bankasei
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧

Never give up!伴化成工業所 official Blog