> 以前の記事
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
月間伴化成はこちらからhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~bankasei/index.html




<   2012年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧
製造業のこれから

 
毎日、新聞で見ない日がないほど日本のメーカの赤字、人員整理の記事が載っている。

 思うに、時代は大きく変わっているのに、大企業がいままでの成功事例を信じて計画し、実践してきたツケがでたのではないか。




 人員整理は固定費を下げるには確かに効果的だが、安易だと思う。

 俺は社員は家族と同じだという経営者が好きだ。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-31 08:01 | 製造業
心のアンテナを刺激したい

  誰にも経験があるのではないだろうか。

 旅先で、その土地の人に声をかけてもらったとき、道がわからなくなって聞いたら親切に案内してくれたとき、初めて会って、たぶんもう二度と会わないだろう人と一瞬だけ言葉をかわせたことで、温かさを感じることがあるはず。


 ちょっと言葉をかけてみる。

 向こうも嬉しそうに言葉を返してくれる。




 たまたまそこで出会った人と、その時間だけ同じ気持ちを共有して言葉をかわせることが嬉しい。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-30 08:24 | ブログ
無意味と思えることをする

 人はみな、「何かしたら、何か見返りがある」と思っています。

 見返りがないことはなかなかやらない。

 言い方を変えれば、「意味のあることなら一生懸命やるけど、意味のないことなんかやらない」という考え方が、当たり前のこととしてまかり通っている。

 しかし、見返りが何もないことを継続していると、楽しい気持ちになれることが多い。

 どうも、ついていると周りから言われている人ほど、無意味とも思えるなにかを続けていく面白さを知っているような気がする。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-29 07:41 | ブログ
勝負の世界の格言

 楽天イーグルス前監督の野村氏がよく口にしていた言葉ですが、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」だよ、と・・・。

 初め聞いたときは、なるほどと感心したが、今ではよく選挙の応援をするときに「自分たちは不思議の勝ちを求めるのではなく、負ける理由を片っ端から探していき、その理由を消去していくための努力を怠ることなく全力で限界までやりきること」にしている。

 その努力の結果にしか「不思議の勝ち」はないのでは・・・と確信して俺は、行動していきたい。
 
 これは、ビジネスの世界でもおなじことになるのだと思う。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-28 08:59 | ブログ
新しい発想

 いつも、新しいことを発想したときに思うことがある。

 良いアイデアが浮かぶことは、才能ではないと。

 どれだけ素晴らしい体験をすることから生まれるようだと・・・

 これかの人生で素晴らしい体験をどんどんしたいと思う。




034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-25 08:48 | 製造業
隠して先送りしてから、出して説明

 最近の、企業の不祥事絡みの事件で感じることは、組織や自分を守ろうとする役員が、なんとかつじつまあわせをするパターンばっかりだと。

 オリンパスの不祥事の事件が典型的だ。

 いままでは、隠して先送りがまかり通っていた。
 これからは、消費者に情報を公開し、説明することが必要である。

 企業の意識改革が生活者基点になる。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-24 09:55 | 製造業
営業は第一印象が大切

  仕事で発対面で会う人に与える第一印象として、まず大切なのは清潔感です。
 
 高価なスーツやワイシャツではなかったとしても、皺や汚れがないかといった点には気をつけるべきです。

 髪の毛やヒゲなどもそうです。

 髪型などにこだわりがあったとしても、最低限、社会人としての常識に反したものではないかと考え、だらしなく見えないようにしなければなりません。

 商談がうまくまとまるかどうかといったことは話の内容次第と考えるかもしれませんが、そこでもやはり印象が大きくものをいうのです。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-23 07:32 | 製造業
場当たり的な対応が一番怖い

 今の日本の企業を見てみると、円高や需要のの悪化など、今のような厳しい状況になるのは、昔から分かっていたことが多い。

 将来必ず起こる問題を放置し、場当たり的な対処を繰り返してきたツケが、今押し寄せてきている。

 今、なすべきことは、「今これをこう解決しなければ将来大変なことになる」と、社員に説明することだと思う。
 耳に厳しいことも、情報公開ことが必要になる。
 
 そして、次の時代に、対応する企業にしなければならない。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-22 07:45 | 製造業
個人情報保護法について

 個人情報保護法というのもやっかいな代物だ。

 よく仕事でも、そこの自治会の自治会の役員さんの電話番号を役場で教えて欲しいと話をしても、そこで言われるのが個人情報保護法の関係で教えられません。と・・・

 法律のために人間社会があるのではない。
 
 人間社会が円滑に機能させるために法律があるのだ。

 今のままでは、行き過ぎた法律を作ってしまっているし、運用の仕方にも問題がある。

 田舎ではいまでも留守なのに玄関の鍵のかかっていない家が多い。「隣の叔父さん、昨日腕を骨折しやはったみたいやで」などのように、」他愛もない話がいつも聞こえる社会というものはいいものだ。

 もう少しおおらかな社会に戻ったほうがいい。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-21 07:41 | 製造業
ニューヨークタイムズから

 「アメリカのニューヨークタイムズが1月『日本の失敗という神話』を載せた。日本は終わった国だというが、彼らほどうまくやってる国はないと。
 失業率は4%でアメリカは8%、平均寿命は日本のほうが4歳長い。日本のインフラも凄い。年間平均労働時間も1,700時間でアメリカ人より日本人のほうが休みが多い。
 ちなみに韓国人は2,100時間も働いている。日本が失敗しているのではなくアメリカが失敗したのだ。

 日本が財政収支の赤字を抱えながら何とかやっているのは貿易収支の黒字があるからだ。
2005年は石油の値段1バレル50ドル・為替が1ドル120円でしたが、今1バレル100ドルで為替は1ドル80円、それでもこの間の貿易収支は70兆円と変わらない。日本の企業がとてつもない努力をしてきた証拠だ。」などとおっしゃりながら、次の3つの問題点を解説されていた。

 「1つは税、このタイミングで消費税を上げるのは思うところありだが総理が政治生命をかけると言ってるのだから通すしかない。

 2つ目、原発については関西電力がかわいそう、再稼働させてほしいというと、人殺しといわれるのはおかしい。
 東電がああなった以上電力業界を背負うのは関西電力しかない。
 40年経ったのは廃炉にしたらいいが、大飯原発のように新しいのは使わないと損。
 脱原発をいうのは容易いが無責任だ。

 3つ目、TPPの話。TPPをやりたいというと中国の態度が変わった。同様に日中韓でFTAをやるぞと言ってアメリカを焦らせればいい。」

 最後に「日本経済は難局にあるが力強いところもある。決定的に足りないのが勇気や意欲だ。難局に挑みどうなるかわからないところを切り開いていくのが人生、若者が冒険できる環境をつくってやることが大切だ。」と結ばれていた。

 「いつの時代も世界はバブルと不況を繰り返してきた。
 共通して言える不変の要因は、商道徳の崩壊である」とあった。
 我欲が理性を押さえつけてしまう、そうさせないために教育が大事だというふうに受け止めたのだが、人間のさがとはやっかいなものだ。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2012-05-18 07:50 | 製造業
   

Never give up!伴化成工業所 official Blog