> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
月間伴化成はこちらからhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~bankasei/index.html




<   2014年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧
不易流行

  「不易流行」とは、世の中には変えてはならないことと変えるべきものがあるということです。

 以前中国の方と話をしていたとき、彼が私に言ったことがあります。「日本のシステムはもう世界に通用しないと言って、日本がそれらを要らないというなら、古いシステムとそれを支えてきた中小企業を中国に移転してもらいたいくらいだ。」と。

 つまり、真剣に中国の未来を考えている人は、中国に今必要なのは、英米的な徹底した市場主義ではなく、果実が共有された成長を図る「少し前の日本」のようなシステムに注目している。

 そこで、日本自身がもう一度、日本的経営理念を見直す必要があるのではないだろうか。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-27 07:39 | ブログ
本年もお世話になりました。

 年末年始、活動を休ませていただこうかと思ってる日は3日間しかありませんが、映画をゆっくり観れる時間がとれれば、いろいろジャンルの違うものを観てみたいとおもっています。
 

 ナニハトモアレ、あと30日を残して公式行事は終了です。
 今年1年間、みなさん本当にありがとうございました。
 

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-26 07:47 | ブログ
新しい挑戦

 新しいことに挑戦することは勇気がいることです。

 しかし、誰でも人生におけるいろいろな段階で選択を迫られる場面に遭遇します。

 子ども地にとって最初の選択は学校選びです。友人を選ぶ、仕事を選ぶ、伴侶選ぶ、転職を選ぶ、独立起業を選ぶ・・・定年後も再就職・趣味に生きる・ボランティアに従事するなど様々な選択肢があります。

 しかし、大人になればなるほど、さまざまな制約やしがらみなどから選択の幅は狭められてくるものです。

 やはり、挑戦者を応援する視点に立って、さまざまな行政の施策を検討しなければいけないと心がけています。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-25 08:35 | 製造業
年末までの時間

 あと、3日で仕事納めになってしまう。

 今年の遣り残しがないように、貴重な時間を過ごしたい。

 それが、来年につながるはずだ。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-24 07:19 | 製造業
不況になると守りに入る、守りに入るとますます不況になる

  悩んでいる人間には、先が見えない。

  先が見えないから悩む。

  そこで、守りに入る。

  ところが、守りに入ると、ますます発展がなくなってくるものだ。




  リスクを避けるなら、チャンスもない。

  リスクなしでチャンスがほしいという願いではダメだ。

  リスクがいやなら、チャンスが来ないことにも甘んじたほうがいい。

  本当にチャンスをつかみたいなら、リスクを背負う勇気を持とう。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-22 07:20 | 経済
今年の残された時間

 来週一杯で、仕事納めになってしまう。

 今年の遣り残しがないように、貴重な時間を過ごしたい。

 それが、来年につながるはずだ。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-19 07:18 | 製造業
営業の奥の深さ

 よく、営業の秘訣に話になる。

 そこで、いつも思うのが同じ商品を売っていても

 売れる人と売れない人がいる。

 それが、クリエイティブの差だと。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-18 07:31 | 製造業
規制と保護が競争を阻害する

行政による必要以上の規制や保護はマイナスになる。

 いままでは、規制や保護もそれなりの意味があったと思う。

 経済が脆弱なころには、国内産業の国際競争力を高めたり、一定の品質やサービスを保つために、特定の産業や事業に対して規制や補助金を通じた政府の指導が必要であったからだ。

 

 しかし、現在のようにボーダレス化した経済社会においては、規制や保護は企業の独創性を阻害するばかりでなく、市場における自由な競争と発展を抑制する。

 つまり、自由な競争にさらされていないことが、日本企業・産業の競争力を弱めていると同時に消費者もそうした競争によって供給される優れた商品やサービスを享受できなくなっているのである。


 なぜ、不要になった規制や保護が存在するかといえば、権威や権限はもちろん、それによって獲得した有形無形の利益、すなわち既得権益を官僚たちが守ろうとしているからである。

 また、規制や保護によって利益を得てきた事業者や従業員も、それらを廃止することには抵抗があるはずだ。

 そして、そうした人たちを支持者にもつ政治家も自分の政治基盤を維持することが優先となり、規制緩和や保護廃止を断行できるように思われない。


 これからは、日本株式会社という、いわば国そのものを民営化しなければならないと思う。

 そうすれば、官僚制による弊害なくなり、自由と健全な競争が実現できるはず。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-17 07:24 | 経済
まじめに努力

 報われない努力はないと思う。

 報われるまでやればいいだけ。

 できる日が、いっかスーッとやってくるはず。

 いつも、自分にそう言い聞かせている。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-16 05:59 | ブログ
行き過ぎた個人主義

 どうも、個人主義を主張される方に「私」と「公」の区別がついておられない方を多く見かけます。

 個人主義の結果、社会がどうなっているのか、「公」という概念が失われつつあるこのすさんだ社会を見ればすぐにわかることではないでしょうか?
 社会から道徳が消えていくとするなら、それは恐ろしく野蛮な社会であることは間違いありません。

 道徳とは「公」を意識することにほかならないと思います。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2014-12-15 07:31 | ブログ
   

Never give up!伴化成工業所 official Blog