> フォロー中のブログ
> 最新のコメント
> メモ帳
月間伴化成はこちらからhttp://www7b.biglobe.ne.jp/~bankasei/index.html




<   2013年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
人それぞれの価値観

 法の下であらゆる自由が保障されている現在社会において、人それぞれというのは重要な価値観である。

 しかし、あまりに好き勝手にやっていると、幸せな人生を送れなくなってしまうものである。

 それは、今の社会をよりよく生きるために適合的な価値観なのかどうかによって決まるはずである。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-31 08:35
自然体への願望

 もう50歳を過ぎていることもあり、全方位に対し、あえてオープンマインドで素直でなくてもいいと思っている。

 例えば、上質なものには興味があるが、華美で虚飾されたものには興味がない。
 俺が、俺がと威張ることはカッコ悪いことだと思う。

 大事なのは、その人の身分や社会的地位ではなく、裸になったときに付き合えるかどうかを判断することである。

 いつもでも、自然体でいたい。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-30 07:24 | ブログ
アンケートの仕方

 まったく何にもない状態から「どんな商品を作ったら売れますか?」とお客様に尋ねても答えは期待できない。

 なぜなら、それは創造という世界であり、企業側のほうが、常に考え研究しているわけである。お客様に「ちょっと考えてみてくださいよ」と言っても、それは適格でなく、曖昧で無責任な答えしか期待できないからです。。

 「いま何が欲しいですか?」と聞いても普段から「欲しいもの何かないかなぁ」と考えていないのが普通であるから期待できない。

 むしろ、企業は「こんなこと考えていますが、どうですか?」と、今考えていることを、モニターなどの聞いてみるのが得策ではないだろうか。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-29 07:36 | 製造業
新しい発想

   いつも、新しいことを発想したときに思うことがある。

 良いアイデアが浮かぶことは、才能ではないと。

 どれだけ素晴らしい体験をすることから生まれるようだと・・・

 これかの人生で素晴らしい体験をどんどんしたいと思う。



034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-28 07:40 | ブログ
規制と保護が競争を阻害する

 
 行政による必要以上の規制や保護はマイナスになる。

 いままでは、規制や保護もそれなりの意味があったと思う。

 経済が脆弱なころには、国内産業の国際競争力を高めたり、一定の品質やサービスを保つために、特定の産業や事業に対して規制や補助金を通じた政府の指導が必要であったからだ。

 

 しかし、現在のようにボーダレス化した経済社会においては、規制や保護は企業の独創性を阻害するばかりでなく、市場における自由な競争と発展を抑制する。

 つまり、自由な競争にさらされていないことが、日本企業・産業の競争力を弱めていると同時に消費者もそうした競争によって供給される優れた商品やサービスを享受できなくなっているのである。


 なぜ、不要になった規制や保護が存在するかといえば、権威や権限はもちろん、それによって獲得した有形無形の利益、すなわち既得権益を官僚たちが守ろうとしているからである。

 また、規制や保護によって利益を得てきた事業者や従業員も、それらを廃止することには抵抗があるはずだ。

 そして、そうした人たちを支持者にもつ政治家も自分の政治基盤を維持することが優先となり、規制緩和や保護廃止を断行できるように思われない。


 これからは、日本株式会社という、いわば国そのものを民営化しなければならないと思う。

 そうすれば、官僚制による弊害なくなり、自由と健全な競争が実現できるはずだ。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-25 07:57 | ブログ
素直さと謙虚さ

 これだけは人に譲れないというこだわりは結構だが、人に迷惑をかけない趣味や志向性に留めておかなくてはいけないと思う。

 これが、自意識が強く、自分が間違っているとは死んでも言わないくらい頑固になるとやっかいになる。

 周りの者が注意しても「私は悪くない。」とくる。

 こういう人の場合、まずまわりの人達がだんだん離れていく。

 なぜなら「あいつはわかってないから話すのをやめよう」となるからです。

 自分の好みのほうにしかいけない、頑固者にはなってはいけないのです

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-24 07:27 | ブログ
お客様の意見

 まったく何にもない状態から「どんな商品を作ったら売れますか?」とお客様に尋ねても答えは期待できないだろう。

 なぜなら、それは創造という世界であり、企業側のほうが、常に考え研究しているわけであるから、お客様に「ちょっと考えてみてくださいよ」と言っても、それは適格でなく、曖昧で無責任な答えしか期待できないからである。

 「いま何が欲しいですか?」と聞いても普段から「欲しいもの何かないかなぁ」と考えていないのが普通であるから期待できない。

 むしろ、企業は「こんなこと考えていますが、どうですか?」と、今考えていることを、モニターなどの聞いてみるのが得策ではないだろうか

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-23 08:21 | ブログ
競争の中で人は磨かれていく

 今、行われようとしている選挙も勝ち負けがある。
 受験にも、合格不合格がある。
 就職試験も、司法試験も、受かるか、落ちるか。二つにひとつだ。

 でも、そういう競争のなかで、人は磨かれていくのでしょうし、必要だと思う。
 しかし、勝ち負けの結果と人の価値とはまったく別だ。

 勝つことが人を堕落させ、負けることが人間を成長させることのほうが多いように思う。
 たぶん、人生は成功することより失敗することの方が多いのではないだろうか。
 挑戦したからこそ失敗がある。
 失敗の山があれば、成長もある。

 思うに、一番怖いのは挑戦する勇気を失うことだ。
 

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-22 07:14 | ブログ
まずは己を知ること

  交渉は、非常に日常的な行為です。

 自分がどのように人と接しているのか。何かの意図を伝えようとしている時、どんな表情になって、どんな声を出しているのか。

 いろんなことを客観的に見て理解しておくのが大切だということです。

 なぜなら、それがそのまま相手に与える第一印象になるからです。

034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-21 06:24 | ブログ
製造業は無くならない

 
 昨日、お得意様の社長と話をする機会があった。

 そこでの話しでは、これからの日本を考えると製造業は今、厳しい環境におかれているが、製造業が日本からなくなることはありえないということを話されていた。

 私も、この意見に同感である。


034.gif伴化成工業所に対するお問い合わせはこちら
[PR]
by bankasei | 2013-10-18 07:32
   

Never give up!伴化成工業所 official Blog